株アカデミー ストックトレード株式会社 下山 敬三 増収なるか

株アカデミー

株アカデミー ストックトレード株式会社 下山 敬三

管理人の『とおな』です。

バブル経済が弾け100年に一度あるかという大不況に陥り約30年になり、生活困窮者が多いと思います。
さらに、コロナで追い打ちをかけられ収入ダウン・リストラ・倒産と目まぐるしい時代を過ごしています。
そこで、何か収入が欲しいと情報商材に手を出し大金を損失した例が多いです。
手口の巧妙化の餌食になるのです。
うかつに手を出すと、次々と商材を購入させられ、定価以上の数十倍の出費パターンもあります。
そして、支払いが出来なくなり借金をしてしまい、どんどんドツボにハマります。

なので誇大広告やキャッチコピーに乗せられて、安易に購入はしてはいけません。
現実は、稼ぐのは超困難です。
世の中には簡単な儲け話しはありません。

この対策として、冷静に見極める術を身に付けるべきです。

みなさんも傾向を学習して不経済な損害を防止しましょう!

今回は『株アカデミー』という商品について公開したいと思います。

株アカデミー

数字の大きな広告はありません。

メディアの掲載を宣伝してます。

株アカデミー 概要

受講生の7割以上がプラスの運用実績

株に詳しくなる勉強でなく

株の勝ち方を知る勉強

株アカデミー キャッチコピー

オンラインでどこでも学べるから

便利

セミナーで直接教えるから

安心

特定商取引

販売会社 ストックトレード株式会社
販売責任者 下山 敬三
所在地 東京都中央区湊1-12-11 八重洲第七長岡ビル3F
電話番号 03-4588-6858
UPL https://kabu-ac.com/course_introduction/

所在地

特定商法の東京都中央区湊1-12-11 八重洲第七長岡ビル3Fで検索してます。

引用 https://officee.jp/detail/37108/89854/

賃貸オフィスです。

金額

通常コース   307,780円

ディトレコース 797,500円

教材で利益獲得

相当、難しい。

初心者には、超絶に難関である。

信用取引を中心はハイリスクです。

資金の大損失を招きます。

そして、不満な部分を発見しました。

両建てが出来るのは神の域であり無理に等しいです。

空売りは信用取引で、自己資金以上の損失を支払う場合があります。

トレードの方法がはっきりしないので、損失しやすくなります。

ディトレードは目が疲れて、疲労困憊してしまいます。

ジャッジ!!

やはり、購入して利用するには厳しいですね。

信用取引には、様々な制約があります。

保有出来る期限があるので、過ぎると自動で決済されます。

金利・貸株料・逆日歩・管理費とコストが別にかかります。

レバレッジをかけるとその分損失額も膨らみます。

空売り以外は、現物トレードの方が断然やりやすいと思います。

 

みなさん、様々な角度から分析して検討しましょう。

 

管理人『とおな』