電ブレスクール  株式会社トレジャーグローブ 林 健太郎 稼げるのか 

電ブレスクール

電ブレスクール  株式会社トレジャーグローブ 林 健太郎

とおな管理人です。

バブル経済が弾け100年に一度あるかという大不況に陥り約30年になり、生活困窮者が多いと思います。
さらに、コロナで追い打ちをかけられ収入ダウン・リストラ・倒産と目まぐるしい時代を過ごしています。
そこで、何か収入が欲しいと情報商材に手を出し大金を損失した例が多いです。
手口の巧妙化の餌食になるのです。
うかつに手を出すと、次々と商材を購入させられ、定価以上の数十倍の出費パターンもあります。
そして、支払いが出来なくなり借金をしてしまい、どんどんドツボにハマります。

なので誇大広告やキャッチコピーに乗せられて、安易に購入はしてはいけません。
現実は、稼ぐのは超困難です。
世の中には簡単な儲け話しはありません。

この対策として、冷静に見極める術を身に付けるべきです。

 

 

今回は『電ブレスクール 』という商品について公開したいと思います。

電ブレスクール 林 健太郎

電ブレスクール 概要

お宝発掘ツール

会員専用コンテンツサイト

1:1徹底サポート

安心の返金保証

電ブレスクール キャッチコピー

いつまでたっても電脳せどりが上手くいかない

電脳迷子に捧げる!

のべ、1000人を超えるアンケートを元に、

迷えるせどらーの問題点をツール✕ノウハウで徹底排除!

電ブレスクール 特定商取引

販売業者名   株式会社トレジャーグローブ

運営統括責任者 林 健太郎

住所      大阪府大阪市生野区勝山北3-1-17

電話番号    050-3740-3555

そして、不満な部分を発見しました。

商品を探してくるツールを販売するという事は購入する人が増えれば増えるほど
ライバルが増えて飽和してしまうので、林健太郎氏もせどりを自分で行うのではなく
ツールを販売して稼いでいるのではと予想できます。

確実に利益に繋がるかと言ったら今のような転売ヤーが飽和状態の中では
今後はなかなか厳しいのではないかというのが管理者の感想です。

出典元 サラリーマンの目指せ脱サラ

あくまでスクールというかツールが主力であり、ヤフオクで仕入れてAmazonで売るコンセプトのツール

ツール的にはせどりの補助にはなるかな程度

料金がツールの割に高い(年約12万はちょっと・・・)

そもそもせどり自体飽和状態

出典元 kinkazyuuのマネーの匠ブログ

月額制である。

売れる商品を拾ってくれているのか怪しい

諸経費などを考えるとセールスーページは誇大広告の可能性

出典元 副業情報リサーチの部屋

ジャッジ!!

やはり、購入して利用するには厳しいですね。

月額を支払い、仕入れで経費が掛かり販売価格を考慮して

出品する。価格が高いと売れない、安いと売れるでしょう。

値段設定が超難しいので、薄利が予想できます。

手間ばかり掛かり悪循環ですね。

簡単にせどりで利益を得るのは、並大抵のことでありません。

 

 

みなさん、様々な角度から分析して検討しましょう。

 

とおな管理人